レスリングで左肩関節唇損傷

with コメントはまだありません

2ヶ月前に高校のレスリング部に所属している男子生徒が練習中に相手に投げられ肩から落ちて左肩関節唇を損傷し父親に連れられて来院されました。

病院に行き整形外科で診察すると左肩関節唇断裂と診断され先生に手術をしても良くなるかどうか分からないと言われて悩まれていたそうです。

うちに通われている常連の方に紹介されて来られ、最初は動揺している感じでしたが1回目の施術が終わると痛みが10→2くらいになったので少し落ち着かれ帰って行かれました。

2回目の施術でほとんど痛みが無くなり可動制限も無くなったので練習を少しずつ始めてみるように言ってから予約の時間が噛み合わず来られていませんでしたが、今日お父さんの方から連絡があり「息子は完全復活しているようで痛くもなんともないから行かなくていいと言ってます。特にこれと言って悪い所がないんですが、会社の人達が施術を受けて調子がどんどん良くなっているので私自身を施術してもらえませんか」と言われ来られました。

特に悪い所がないと言われた通りで少し施術をして時間が余っていたのでゆる体操を指導して終わりました。
息子さんには2回来られた時にゆる体操と身体の使い方を指導して、今も継続してゆる体操をしているようなので親子でゆるんで行ってもらえたら良いなと思っています!

Leave a Reply

CAPTCHA