ほんの少しの差が勝負を分ける

with コメントはまだありません

スポーツ選手の中でここぞという時に力が発揮できない方、それは内臓の問題かもしれません!
人それぞれ生まれつき弱い内臓があります。
(ほとんどの方があります)
内臓と筋肉の関係は深く、それぞれの内臓と関係が深い筋肉があります。
例えば、腎臓だと大腰筋、小腸だと大腿四頭筋などがあります。
内臓はそれぞれ固有の動きがあります。
腎臓の動きが悪いだけで、運動に最も大切ではないかと言われている大腰筋にピシッと力が入りません。
そのためいいパフォーマンスができません。
さらに腎臓は足首の硬さにも関係しています。
下のビフォー、アフターは左腎臓だけアプローチしました。
施術前は左大腰筋が弱かったのですが、施術後には大腰筋の力がピシッと入り足首も少し柔らかくなりました。
スポーツでは、ほんの少しの差が勝負を分けるかもしれません!

Before

Aftere

Leave a Reply

CAPTCHA